漫画家になりたい理由を考えよう

プロの漫画家になりたい・プロの漫画家として生活していきたい。
そう思っている人はたくさんいるかもしれません。そして漫画家になるためにたくさんの努力をしている人もいるでしょう。
ではなぜプロの漫画家になりたいと思っているか考えたことはありますか?
このページを読んでいるということは、自分がなぜ漫画家になりたいのか分からず悩んでしまっているのかもしれませんね。
それでは一緒に「なぜプロの漫画になりたいのか」を考えてみましょう。


GORIPAKU2069_TP_V

漫画家になりたい理由を考える

「自分の表現」と「読者の感想」どちらを大切にしているか

漫画を描くときに「自分が感じたことを表現したい」という思いと「自分が感じたことを読者と共有したい」という思い、あなたはどちらを優先しているでしょうか。
この二つの気持ちはプロの漫画家でも、同人作家でも必要な感情です。
ただ違うのは気持ちの割合。
プロの漫画家になりたいのであれば「自分の表現したいこと」を根底に持ちつつ、それを読んだ読者が面白いと感じてくれるかどうかに重きを置かなければいけません。
もしそれでも「自分の表現が先だ!」と感じるのであれば、プロの漫画家とは違う表現方法を見つけたほうが合っているかもしれません。

描きたい気持ちがあるか

「その気持ちが分からなくなって迷走しているんだ」という人もいるかもしれません。
ではその気持ちを抱えながら、あなたは今新しい漫画を描いていますか?
もし「自分が漫画家になりたいのかわからない」「漫画が描きたいのかわからない」と思いながらも漫画を描いているのであれば安心して良いでしょう。
悩みながらも漫画を描き続けられる人は心から漫画を愛していて、漫画無しには生きていけないから描いているということかもしれません。
逆にペンが握れずに悩んでいる人は「漫画家という職業に憧れている」可能性があります。もちろん自分の描きたいものが見つからず、スランプということもあるので焦らずに考えましょう。
また漫画でなくても絵を描く職業はたくさんあるので、違う道に目を向けるのも視野を広げる方法です。

まとめ

「なぜ自分が漫画家になりたいんだろう」と考えると、なかなか答えが見つからなくなり悩むこともあるかもしれません。
それでも自分の中に少しでも「この体験は面白い」「人に知ってほしい」「漫画にしたい」という思いを持っていれば、それだけでじゅうぶんな理由です。
またなぜ自分が漫画家になりたいのかを考えることで、自分のことがわかりデビューが近付くこともあるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする